御朱印入門~初心者向けの始め方・マナーについて~

こちらのページでは、御朱印に興味を持っている方たちに向けて、御朱印の始め方や、いただくときのマナーについて簡単にまとめています。

御朱印とは?

御朱印とは、主に日本の寺院や神社にて、参拝者向けに押印される印章です。

つまり、その神社を参拝した証という事ですね。

基本的には有料で、授与いただく時に数百円程度の初穂料をおさめます。

御朱印のタイプ

基本的には、『御朱印帳』と呼ばれる御朱印記帳専用の帳面にいただくか、『書置き』と呼ばれる御朱印用紙をいただくパターンに分類されます。

他に専用色紙にいただく等、神社により特殊な授与方法もあります。

また、1つの神社に複数の御朱印が存在することもあります。

御朱印帳について

『御朱印帳』とは、御朱印を記帳する専用の帳面の事です。

こちらに参拝した神社の御朱印をいただいていきます。

基本的には1ページに1社の御朱印となりますが、神社によっては、見開きの御朱印というものも存在します。

御朱印をいただく時の作法

御朱印は”参拝の証”のため、御朱印授与の前には必ず参拝しましょう。

⇒参拝方法はこちらから

基本的には神社にある『社務所』でいただけます。

社務所には受付時間があるため、御朱印が欲しい方は事前に確認しておきましょう。(受付時間は9時~16時・17時が多いです)

御朱印をいただく時のルールはありませんが、社務所の方、また同じく御朱印を求めている方々に、常識的に失礼のないような振る舞いをしましょう。

~御朱印を求める一般的な流れ~

社務所の方に『御朱印をお願いします』と伝え、記帳してほしいページを開き御朱印帳を渡します。御朱印帳がない場合は『書き置きでお願いします』と伝えてください。

御朱印をいただいたら、初穂料(料金)をおさめ、『ありがとうございます』とお礼を言いましょう。

御朱印をいただくときの注意点

前項でも述べましたが、必ず御朱印をいただく前に参拝をしてください。

御朱印授与後は、記帳していただいた社務所の方にお礼を言いましょう。

そして、御朱印は参拝した証なので、参拝した本人以外がいただいても意味がありません。他の人に頼んだり、頼まれたりするのはやめましょう。

タイトルとURLをコピーしました