【1月】東京都 人気の初詣限定御朱印まとめ~お正月・新年頒布開始~

情報まとめ

1月に頒布される、東京都にある人気神社の限定御朱印情報をまとめました。

三が日(1月1日~3日)、特に元日は、開門時間や御朱印の受付開始時間など、各所で変更がある場合が多いので、各公式サイトにて初詣のお知らせなど確認が必要です。

※2021年は新型コロナの影響で、12月31日の深夜運転がJR・メトロ等、各路線で運転中止となっています。2022年の深夜運転についても確認が必要です。

小野照崎神社

限定御朱印はかわいいデザインのものが多く幅広い世代に人気となっている。
頒布期間は1日~末日の1か月間が多い。

御朱印の最新情報は、以下公式サイトまたはTwitterより発信される。
⇒公式サイト
⇒公式Twitter

>参拝レポート(現地の様子)<

▼2022年1月1日▼
>お正月のお知らせ<
御朱印授与
1日:8時~19時
2日:9時~18時
3日:9時~17時

▼過去の頒布▼

『初詣 特別御朱印』

【頒布期間】
1月1日~1月31日

【初穂料】
1,000円

【備考】

『月参りの御朱印』

【頒布期間】
1月1日~1月31日

【初穂料】
手描き1,000円 複写500円

【備考】

高木神社

可愛い”おむすび”がデザインされている御朱印が人気の神社。
毎月、月別の御朱印、おむすび御朱印(15日限定)、季節限定御朱印が頒布される。

御朱印情報は以下公式サイトより確認可能。
⇒公式サイト

おむすびは神社の境内にも数多くみられる。
>参拝レポート(現地の様子)<

▼2022年1月1日▼
>初詣のご案内<

▼過去の頒布▼

『1月御朱印』

【頒布期間】
1月1日~1日31日

【初穂料】
300円

【備考】
書き置きのみ対応

『新春御朱印』

【頒布期間】
1月1日~1日3日

【初穂料】
300円

【備考】
書き置きのみ対応

『新春御朱印2』

【頒布期間】
1月1日~1日3日

【初穂料】
500円

【備考】
書き置きのみ対応

『おむすび御朱印』

【頒布期間】
1月15日

【初穂料】
300円

【備考】
書き置きのみ対応

赤坂氷川神社

特別な和紙を使用した限定御朱印の頒布を行う事がある。
限定御朱印は、頒布期間が短く、頒布数が限られているため注意が必要。

以下、公式インスタより頒布の詳細情報が発信される。
⇒公式サイト(インスタ)

>参拝レポート(現地の様子)<

▼2022年1月1日▼
御朱印授与
日時:1月1日0時より
頒布数:800枚
初穂料:500円

▼過去の頒布▼

『季節の御朱印 初詣 -波に千鳥-』

【頒布期間】
1月1日~7日
頒布時間は1日=0時~18時、2日~6日=8時~18時、7日=9時~17時

【初穂料】
各500円

【備考】
書き置きのみ対応
~種類~
黄金色(こがねいろ)
白金色(しろかねいろ)
~予定数~
1日~3日 各400枚
4日~7日 各150枚

七社神社

御朱印情報は以下公式サイトより確認可能。
⇒公式サイト

▼過去の頒布▼

『初詣御朱印』

(画像は去年のもの)

【頒布期間】
1月1日~7日

【初穂料】
500円

【備考】

阿佐ヶ谷神明宮

期間限定で頒布される、季節ごとの特別なデザイン・刺繍がされた「大和がさね」の御朱印が人気。

御朱印情報は以下公式サイトより確認可能。
⇒公式サイト

>参拝レポート(現地の様子)<

▼2022年1月1日▼
令和4年お正月の予定

▼過去の頒布▼

『大和がさね「宝船」「扇」』

【頒布期間】
1月1日午前9時~なくなり次第終了

【初穂料】
各1,000円

烏森神社

時期によりデザインが異なる期間限定の御朱印が頒布されている。

御朱印情報は、以下公式サイトまたはTwitterより発信される。
⇒公式サイト
⇒公式Twitter(最新情報)

>参拝レポート(現地の様子)<

▼過去の頒布▼

『新春御朱印』

【頒布期間】
1月1日~

【初穂料】
500円

【備考】
元旦印が入った新春朱印は、元旦以外の日の参拝でも希望者に授与している

渋谷氷川神社

縁結びで有名な渋谷氷川神社では、月替わりの御朱印や、季節限定の御朱印、毎月15日限定の縁結びの御朱印が頒布されている。

御朱印情報は、以下フェイスブックより発信される。
⇒公式フェイスブック

>参拝レポート(現地の様子)<

▼過去の頒布▼

『初詣特別御朱印』

【初穂料】
各500円

上野東照宮

期間限定の御朱印頒布を行っている場合がある。

頒布される御朱印や、郵送対応の詳細は以下公式サイトより確認可能。
⇒公式サイト

※御朱印は郵送での対応も行っている

▼過去の頒布▼

『初詣限定御朱印』

【頒布期間】
12月26日~

【初穂料】
800円

【備考】

赤羽八幡神社

月毎にカラーやデザインが変わる月別御朱印を頒布している。
2021年2月より「ミニ御朱印」の頒布も開始された。

御朱印情報は以下公式サイトより確認可能。
⇒公式サイト

>参拝レポート(現地の様子)<

▼2022年1月1日▼
お知らせ
御朱印

▼過去の頒布▼

『お正月限定御朱印』

【頒布期間】
1月1日~1月11日

【初穂料】
500円

『限定御朱印御朱印帳』

【頒布期間】
10月1日~

【初穂料】
1,500円

【備考】
初回数量限定
予約・郵送対応不可

高円寺氷川神社

氷川神社と気象神社の御朱印が、2体で1対となるようなデザインの御朱印を頒布している。
月毎にカラーやデザインが変更される。
授与する日の天候により異なるスタンプが押されるという仕様もある。

御朱印情報は以下公式サイトより確認可能。
⇒公式サイト

▼2022年1月1日▼
御朱印の授与について

▼過去の頒布▼

『月替わり御朱印』

以下のデザインが月のより変わる限定御朱印が頒布されている

⇒月毎のデザインはこちらの公式サイトより参照

【頒布期間】
当面の間授与予定

【初穂料】
各500円

水天宮

御朱印情報は以下公式サイトより確認可能。
⇒公式サイト

>参拝レポート(現地の様子)<

▼過去の頒布▼

『水天宮初詣限定御朱印』
『寶生辨財天初詣限定御朱印』

数量限定で頒布。書き置きのみ。

【初穂料】
各1,000円

桜神宮

以下、公式のお知らせページより、御朱印情報等が確認可能。
>桜神宮お知らせ<
⇒公式サイト
⇒公式Twitter

※御朱印は郵送対応を行っている

>参拝レポート(現地の様子)<

▼過去の頒布▼

『新春万福干支』御朱印

【頒布期間】
1月1日~1月31日

【初穂料】
500円(白紙若しくは直書の場合)
600円(黒紙の物、赤紙の物)

太子堂八幡神社

期間限定御朱印の頒布情報は、以下FacebookまたはTwitterにより最新情報が確認可能。
⇒公式Facebook
⇒公式Twitter
⇒公式サイト(御朱印一覧)

▼過去の頒布▼

『初詣御朱印』

【頒布期間】
1月1日~なくなり次第終了

【初穂料】
-円

【備考】
1500体限定
御守付き

浅草神社

頒布される御朱印情報は以下、公式Twitter、公式サイトから確認可能。
⇒公式Twitter
⇒公式サイト

>参拝レポート(現地の様子)<

上目黒氷川神社

期間限定御朱印の頒布情報は、以下SNSより最新情報が確認可能。
⇒公式Twitter

⇒公式Facebook
⇒公式インスタ

⇒公式サイト

明治神宮

明治神宮では通常御朱印のみしか頒布されていないが、神社自体の人気が高い事から、節目の日(1月1日等)は通常の御朱印でも人気が高く、授与の待ち時間が数時間以上となる。

御朱印は通常御朱印のみ。
⇒公式サイト

>参拝レポート(現地の様子)<

▼2022年1月1日▼
>最新情報<

▼2021年は場所変更あり▼
授与所(おふだ・お守り・おみくじ・御朱印等)は、例年の御本殿付近ではなく、参拝を済まされ人混みが少しでも緩和された原宿、代々木方面は参拝者駐車場(明治神宮会館前)、参宮橋方面は西参道芝地に特設。

靖国神社

靖国神社も明治神宮同様、日によっては通常御朱印の授与に長蛇の列が出来る場合がある。

期間限定の「刺繍入り限定御朱印」が頒布される。
頒布時期などの詳細情報は公式サイトの「新着情報」より逐次発信される。
⇒公式サイト

▼2022年1月1日▼
初詣のお知らせ

▼過去の頒布▼

『刺繍入り御朱印』

【頒布期間】
7月1日~なくなり次第終了

【初穂料】
1,000円

東京大神宮

恋愛パワースポットとして有名な神社。
御守り等、可愛いデザインのものが多く頒布されており、女性人気が高い。

御朱印は通常御朱印のみ。
⇒公式サイト

日枝神社

時期ごとに御朱印とあわせて頒布されるしおりのデザインが変更がされる。

頒布される御朱印情報は以下、公式Facebookから確認可能。
⇒公式Facebook
⇒公式サイト

▼2022年1月1日▼
初詣

▼過去の頒布▼

【初穂料】
各500円

神田明神

休日には多くの方が参拝に訪れる都内でも人気の神社で、授与所や売店が点在し、多くのものが頒布・販売されている。
秋葉原の近くという事もあり、アニメコラボのお守りや御朱印帳なども頒布されている。

御朱印は通常御朱印のみ。
⇒公式サイト
⇒公式Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました