【参拝レポート】関ジャニ∞の聖地 赤羽八幡神社(東京都) 境内の様子・御朱印・御利益・由緒・アクセス情報

参拝レポート

基本情報・アクセス

【名前】
赤羽八幡神社(あかばねはちまんじんじゃ)

【御祭神】
品陀和気命(ほんだわけのみこと)
帯中津日子命(たらしなかつひこのみこと)
息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)

【御由緒】
延暦3年(784年)に坂上田村麻呂が当地に陣を張り、八幡三神を勧請して戦勝を祈願したことで創建された。
明治初期まで赤羽総鎮守の扱いを受けていたため明治4年(1871年)の氏子調では郷社とされたが、明治5年(1872年)の近代社格制度においては村社(赤羽村鎮守)に格下げされた。
昭和6年(1931年)社殿を改築、翌7年(1932年)郷社に昇格した。
1971年(昭和46年)に東北・上越新幹線の建設が決まると当社の神域を通ることは避けられず、神社氏子ともに反対するものの、最終的には国の決定を受け入れざるを得なかった。ただし社務所の下を通ることとなり、本殿の下を通ることは避けられている。

【御利益】
勝運・縁結び・厄除

【住所・アクセス】
〒115-0053 東京都北区赤羽台4丁目1−6
東京メトロ南北線/埼玉高速鉄道線「赤羽岩淵駅」より 徒歩7分
JR「赤羽駅」より 徒歩8分

【連絡先・電話番号】
TEL:03-3908-1764(受付時間:9:30〜17:00)

参拝レポート

【鳥居】

境内には車での乗り入れも可能。

【手水舎】

【参道】

長めの石段があります。

【境内】

狛犬の他に、大国主命や因幡のしろうさぎの石像もあります。

【本殿・拝殿】

【社務所】

社務所では御朱印等の受付を行っています。
TEL:03-3908-1764(受付時間:9:30〜17:00)

誕生月の方は、御朱印に特別な印を捺してもらえます。

【赤羽招魂社】

境内にある赤羽招魂社は、かつて神社の裏手にあった陸軍工兵第一大隊の兵舎内の招魂社を遷座したもので、陸軍工兵隊の戦没者と赤羽出身の戦没者が祀られている。

【関ジャニ∞の聖地】

近年は関ジャニ∞の聖地として有名で、多くのエイター(関ジャニ∞ファン総称)さんが聖地巡礼に訪れています。

聖地となった理由は「赤羽八幡神社」の御朱印等に描かれている∞マーク。

風水の2004年~2024年の20年間「下元八運(かげんはちうん)」の「8」を横にした最大のパワーを示す 「∞(無限大)」を、赤・オレンジ・黄色・黒・紫・水色・緑・ピンクの8色で描いていますが、これを見た関ジャニ∞のファンの方達がSNSで拡散し有名となったのが聖地となった由来です。

▼8色の内訳は以下▼
黒→愛情運、信頼運、秘密運、貯蓄運
緑→健康運、発展運、成長運
オレンジ→人間関係運、結婚運、子宝運
青→仕事運、出世運、冷静沈着
赤→勝負運、パワーアップ運、ビューティー運
黄→金運、遊び運
紫→全体運、支配運、名誉運
ピンク→恋愛運、縁結び運、幸運

絵馬もエイターさんが書かれたと思われるものが多いです。

【初詣の様子】

御朱印

【御朱印】

▼月替わり御朱印▼
初穂料(料金):500円
※記帳・書き置き対応可。月により∞の色が変わります。

▼限定御朱印帳▼
期間限定の御朱印帳の販売も行われる。販売時期によりデザインが変更される。(数量限定)

頒布中の御朱印情報は公式サイトにて公開されている。

コメント

  1. […] ⇒参拝レポート […]

  2. […] ⇒参拝レポート […]

  3. […] ⇒参拝レポート […]

タイトルとURLをコピーしました