【参拝レポート】桜神宮(東京都) 境内の様子・御朱印・御利益・由緒・アクセス情報

参拝レポート

基本情報・アクセス

【名前】
桜神宮(さくらじんぐう)

【御祭神】
天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神・伊弉諾尊・伊弉冉尊・天照大御神・豊受大神・倭姫大神・国常立尊・大国主命・少彦名命・鐃速日命・底筒男命・中筒男命・表筒男命・伊久魂大神・水天宮大神・正一位稲荷大神・菅原大神

【御由緒】
桜神宮は明治十五年神田今川小路に創建された天照大御神をはじめ、日本の神々をお祀りする(日本の記紀神話を中心とした神々をお祀りする)神宮です。
大正四年、速やかに西の方角に移転するよう神託が下り、大正八年から十一年にかけて社殿を現在の世田谷区桜新町の地に移転しました。これにより、関東大震災(大正十二年)の災害、並びに太平洋戦争の戦火からも免れ、火伏せ、災難除けの宮としても崇敬を集めました。
創建した芳村正秉は大中臣家六十五代の後裔で、明治初期に伊勢神宮筆頭禰宜、神宮支庁東京出張所(東京大神宮の前身)の所長、龍田神宮宮司を歴任し、一位局(中山慶子様)の要請により三年に亘り大正天皇の健康祈願を行い、明治政府の要人、神社界他、多くの人々から信望を集め、神道神職として人々の教化に尽力しました。
明治十五年には明治天皇の勅許によって教派神道の一派、その名も神宮奉職中に倭姫命から神託によって授かった「神習いの教え」を立てました。このため桜神宮は古式神道の総本山としても全国の人々から崇敬を受けております。
内務省を通して外務省の紹介により、明治時代には珍しく多くの英米人の参拝がありました。
また同十六年には関東八州の御嶽先達の強い要望を受け、長野県知事の許可と御嶽神社祠掌(滝・武居・向井の三社家)の承諾を得て、御嶽三神の御分身を相殿に鎮祭、更に多くの人々から信奉を得ました。

【御利益】
「病気治し」「火伏せ」「災難除け」「合格祈願」「開運厄除」「商売繁盛」「安産祈願」「良縁成就」

【住所・アクセス】
〒154-0014 東京都世田谷区新町3-21-3
東急田園都市線『桜新町駅』北口を出て正面へ真っ直ぐ進み徒歩2分(左手)

【連絡先・電話番号】
TEL:03-3429-0869(受付時間:9:00〜17:00)
FAX:03-3429-7452
Mail:お問い合わせ

参拝レポート

動画で見たい方は⇒youtubeで神社の様子を見る

【鳥居】

【手水舎】

【参道】

【境内】

【本殿・拝殿】

【社務所】

受付時間は9:00~17:00。御朱印はこちらでいただきます。

【えんむすびの木】

河津桜の木がえんむすびの木となっています。

桜の見頃になると夜間のライトアップも行われます。

【パンフレット】

社務所でいただける桜神宮のパンフレットです。

日本語版、英語版、中国語版の3種類のパンフレットが用意されています。

【周辺地域】

桜新町周辺はサザエさん一家の暮らす町として有名です。

【聖地巡礼】サザエさんが暮らす『桜新町』めぐり(桜新町駅~サザエさん通り~長谷川町子美術館)
先日、サザエさん一家が暮らす町として有名な『桜新町』に行ってきましたので、街の様子等をまとめました。

御朱印

【通常御朱印】

初穂料(料金):500円

【限定御朱印】

ラグビーワールドカップ日本開催記念御朱印

初穂料(料金):500円

なぜラグビーの御朱印?

コメント

  1. […] 北口近くには”えんむすびの桜”やラグビー限定御朱印で有名な『桜神宮』もあります。 ⇒桜神宮の参拝レポートはこちらから […]

タイトルとURLをコピーしました