【参拝レポート】烏森神社(東京都) 境内の様子・御朱印・御利益・由緒・アクセス情報

参拝レポート

基本情報・アクセス

【名前】
烏森神社(からすもりじんじゃ)

【御祭神】
倉稲魂命(稲荷神)・天鈿女命・瓊々杵尊

【御由緒】
天慶3年(940年)、平将門が乱を起こした時、鎮守府将軍藤原秀郷(俵藤太)が武蔵国のある稲荷神社に戦勝を祈願したところ、白狐が現れて白羽の矢を秀郷に与えた。その矢によって速やかに乱を鎮めることができたので、それに感謝してどこかに稲荷神社を創建しようと考えていた所、秀郷の夢に白狐が現れ、神鳥が群がる場所が霊地であるとお告げした。秀郷が現在地である桜田村の森に来た所、お告げの通り烏が群がっていたので、そこに神社を創建したのが当社の始まりであると言われている。

【御利益】
「商売繁盛」「仕事運向上」「社交運」「美容運」

【住所・アクセス】
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目15番5号
JR新橋駅 西口・日比谷口より徒歩2分/烏森口より徒歩3分地下鉄(銀座線・都営浅草線)新橋駅 徒歩2~3分

【連絡先・電話番号】
TEL:03-3591-7865(受付時間:9:00〜17:00)

参拝レポート

【鳥居】

サラリーマンの街『新橋』にある『烏森神社』

ご利益はこの街にぴったりの『商売繁盛』です。

【手水舎】

【境内・参道・拝殿】

境内は一目で見渡せる広さです。

【社務所】

社務所の奥には、オシャレな空間が用意されています。

御朱印

約1か月スパンでデザインが変わる期間限定の御朱印が頒布されています。

月別の御朱印デザインについてはこちらの記事からご確認ください。

初穂料(料金):500円

コメント

タイトルとURLをコピーしました